治る人と治らない人 その差はマインド(意識)【脊柱管狭窄症 治療 仙台】

query_builder 2021/01/04
脊柱管狭窄症
本気の人だけ

年末営業最終日に病院で「脊柱管狭窄症」の診断を受けた方を診させてもらいました。


病院では「手術しないと症状は変わらないよ」と言われたようですが、ご本人は手術はしたくないな―と そりゃそうですよね


まぁいつものお決まりのパターンですね。


全身を評価したあと、隔膜やら尾骨やら心臓の施術をして、腰回りを中心に変化を感じてもらいました。


ここで注意※&説明

「腰回りだいぶ軽くなったと思いますが、治ったわけではないです。


残念ながら4割から5割戻ります。わたしは症状を取っているわけではなくて、○○さんの回復力にスイッチをいれただけなので、


その反応で今は一時的に良くなっているだけです。回復力がある程度上がって安定するのは少し先ですが、


回復力が本来の状態に戻れば、今の症状も取れますし、癌などの病気とかもちろんコロナなんかにも対応できるようになるから、今から治しておきましょう


とにかく今回の施術でこのぐらいの変化が出るなら手術の必要はありませんよ」


こういった説明をして、納得してもらい次回は年明けの予約をいただきました。



・・・が、本日キャンセルのお電話。


内容は

「わたしにはこの治療、合わないと思うんで・・、治療のあとも症状変わらないし‥」「しばらく通うとなるとお金も負担になりますし‥」


はい、出ました。このよくあるパターン。

とは言いながら、当院では実はあまりないんですよ。


あまりにも久しぶりすぎたので、ブログに挙げた次第です。


合わない?・・・ 施術後の変化に感心されてましたよね?・・

症状が変わらない?・・・・ そうなる(戻る)って言いましたよ。


わたしは1ヵ月後の展望をお伝えしたのに、わずか数日でそれを忘れている。


ひとつフォローするならば、無断キャンセルしなかったという点だけですね・・


断りの理由を聞きながらわたしは

あぁーこの人は今通わ(え)ない理由を作ることで、自らを正当化しているんだな―、治るチャンスがあったのに結局マインドを変えられなくて、前に進めないままなんだな


と残念な気持ちで聞いていた次第です。世の中はこういう方の方が圧倒的に多いこともわかっています。


わたしだって興味のないことで動くときは腰が重いですから。


人はやらない理由を作って行動しない。これは世間一般、勉強でもビジネスでも一緒です。その方が楽だから。


やる理由の方にフォーカスできない人はいつまでも前に進めないんですよね。スタートするときにはエネルギーがいるんですよ。


自費治療院においては料金の壁が一番の問題になることが多い。


我慢はタダだと勘違いしている人が多すぎ。何らかの不調を我慢している時、あなたは多くの好機を逃しているのだ。


我慢がある限り、思考はネガティブになる。ネガティブな思考はネガティブ現実を引き寄せる。そこに好機など訪れないのだ。


おそらく年間で数十万以上損しているのだが、実損はないから気付かないだけ。



わたしはこと治療に関しては誰にも負けないぐらいの情熱を持ってやっているので、それを簡単に反故にするような方とはそもそも関わりたくはない。


だから当院は本気で治しきる覚悟のない方の治療を初めからお断りしており、そう宣言もしています。


わたしの経験上、1年以内で治せない人は5%もいない。95%以上は明らかに良い変化が見られるという実績もある。


だからほとんどの方は「治らないマインド」さえ捨てることができれば、自然に良くなっていくと言っても過言ではないんです!


あとはそれを信じれるかどうか。ただそれは自分の体の変化を感じるように意識していれば、確信に変わっていくからすぐに解決するでしょう。


あとはHPや当院の「オステオパシー体験談」を読んでください。


初回治療において、じつは治療院マーケティングでは「やりすぎるな、良くしすぎるな」と言われます。


それは初回治療に満足してしまうと欲求が消え逆にリピートしなくなるからだ。


確かに一理ある。われわれも商売ですからね。


でもそれに反してわたしは初回治療をかなり本気&丁寧にやります。


それはずっと治らないと思っている人に対して、「初回治療終了時に希望を持ってもらいたい!」という思いが強いから・・。


治療はそこそこに、聞こえのいい説明で説き伏せるのではなく、あくまで効果を実感してもらったうえで継続治療の了承を得るのがわたしのスタイル。



その甲斐もあって、ちゃんとわかってくれているクライアントさんが多いから当院は8回目までのリピート率平均80%超えています。


これは非常にいい数字なので、良質なギブ&テイクが出来ているのではないかと思います。そこに誇りと感謝を持っています。



この際いい機会だから言っておきます!


オステオパシーに興味があって、治療も受けてみたいな・・と思いながらたまたまこのブログを読んでいるあなた!


悩みが浅いんだったら、どうぞ他に行ってください。当院は重症症状専門です。


悩みが浅いと結局自分の体と向き合う覚悟を持てません。


あなたの症状が良くなるかどうかは重症度よりもあなたのマインドがより重要なんです。


わたしは本気で治したいと思っている方の治療で精一杯だし、それ以外はやりたくないんです。


苦労して手に入れた技術を本気じゃない人に使いたくないんです。安売りしたくないので・・。



病院の治療に不満があり、民間の治療院に行くのなら、まず病院受け売りの治療概念は捨てないとダメです。


治療院は別に病院の下部組織ではありませんからね。病院の治療概念はいりません。


例えば、治療院でも病院と同じ思考で同じ治療をしていたら、どうですか?だったら権威ある医師の方を選択した方が絶対にいいですよ。


症状を追う」「症状は治療家が治すもの」その思考から抜け出せないのだったら一生病院で対症療法を受けるしかありません。保険も効きますしね。

(ほんとは無駄に医療保険が使ってほしくはないですが・・)


自費治療院の費用がなぜ高いのか考えてみて!


わたしは病院でやっている治療を治療と呼びたくはないと思っています。だって治らないのに「治療」って矛盾しているでしょ?


わたしの治療という単語の解釈はすための術なので・・。わたしがやっているのは病院でやっていることとは全く違う「治療」だから高いんです。単純明快!

(※でも実際には医師または医師の指示のもとでやったものだけ「治療」と言っていいんだよね。世の中ってよくわからん)


まぁ中には「治療」とは呼べないようなものでも高い治療費を取っている自費治療院は多くありますけどね。


ちなみに、自費治療になじみのない方は当院の料金は高いと感じるかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。


分かっている方からは「先生のとこの料金安いよね」と言われます。


まぁそのへんもマインドですね!


だから病院と比べるのはもう止めてください。


そこと比べているうちは「治らないマインド」から抜け出せないですよ


例えるなら・・


あなたは今寝るためのベッドが欲しいとしましょう


そこでパイプ椅子を出してきて、「何とかこれで寝てみて下さい!、寝れるはずです。」と言っているのが病院とか保険のきく治療院


ちょっといい一人掛けソファを持ってきて「こっちの方がいいでしょ?」と言っているのがエセ自費治療院


ベッドを持ってきて根本的な解決を図るのがまともな自費治療院 ときには高級ベッドも用意できたりします。


このなかであなたの願望を叶えているのは病院ではなくて、まともな自費治療院だけというわけ。


世の中で治療と呼ばれているものも千差万別、これぐらいの違いがあると思ってください。


高級ベッドとパイプ椅子の共通点は家具というだけ。そもそも用途が違うのに単純に比較できますか?比べたってまったく意味がないんですよ。


だから、当院に来て「料金が高いね」という方に対してわたしは、「???」と正直なります。「何と比べて?」と思っています。


わたしは治療に関してきれいごとを言うつもりはない。むしろ厳しくありたいと思っています。


その症状を治すのにはお金も時間もかかる。そこは覚悟しないと何も始まらない。


3回ぐらいで治そうと考えている人が驚くほど多いけど、それ何の法則?それ都市伝説みたいなもんだから。


結局はあなたの回復力の伸び方次第。もちろん若い方ほど回復力の伸びは早いですが、40代以降はけっこう時間がかかります。人生の歩みが長いほど歪みも大きく複雑ですからね


これだけ言っておきます。

①悩みが浅いのなら自費治療院にはまだ行くな!

②あくまで症状を追うなら自費治療院にはまだ行くな!

③車でさえ2年に1回は車検で10万円以上かかる。自分の体に年間5万円も掛けれないなら自費治療院にはまだ行くな!

④病院の考えを捨てきれないなら自費治療院にはまだ行くな!

⑤最低半年間自分の体としっかり向き合えないなら自費治療院にはまだ行くな!



中途半端な気持ちで自費治療院に行くと結局損をします。

1回受けてみて、様子をみて良さそうだったら考える


これがまさに治らないマインドの代表。本人は治したいと思っているというが、わたしに言わせれば治す覚悟がまったくない!


初回から様子をみて変わるほどあなたの回復力は立派なものではありません。そんなに立派な回復力を持っているなら、症状なんかとうに治ってますよ。


いい加減、治るマインドに切り替えましょうよ


治るマインドとは

①症状に焦点を当てない

②回復力が失われていることを自覚する

③それがいかに怖い状況であるかを知る(病気のリスクがいつでも高いということ)

④人は本来、常時無症状が当たり前という考えを常に持つ

⑤回復力を取り戻す努力をする


こういったものです。


わたしはブログでもインスタでもYouTubeでも同じようなことをしつこく言っていますが、切り替えられない人が多いですねー


聞いているだけじゃダメなんですよ。理解した気分になっているだけだから。

行動&質問というアウトプットをしてください。当院で良くなっていく人の特徴はアウトプットしている人です。


本気の人にはそれ以上の本気で応えます。

覚悟のない人はお断りします。







NEW

  • 症例報告 : 偏頭痛、ギックリ腰、右肩痛

    query_builder 2021/06/09
  • あまりにもひどい世の中だから、コロナについてちょっと語ろうか・・ その4

    query_builder 2021/05/20
  • あまりにもひどい世の中だから、コロナについてちょっと語ろうか・・その3

    query_builder 2021/05/20
  • あまりにもひどい世の中だから、コロナについてちょっと語ろうか・・ その2

    query_builder 2021/05/18
  • あまりにもひどい世の中だから、コロナについてちょっと語ろうか・・ その1

    query_builder 2021/05/18

CATEGORY

ARCHIVE

初回限定キャンペーン実施中

オステオパシーをまだ
体験したことがない方のために
1日1名様限定
「ホームページを見ました」とお伝えください。

初回料金10,800円
2,980円

はじめて訪れる治療院は何かと不安も多いと思います。

まずはホームページをよく見てもらい、少しでも不安が払拭されれば何よりです。

わたしが行っている施術は多くの時間と予算を費やして手に入れた「誰も真似のできない施術」ですので、決して安価ではございません。そのぶん価格以上の結果でお応えさせてもらっております。

しかし、どの分野でも”お試し”がなければ、良さも伝わらないことを承知しておりますので、本気で治したいという方に限り、初回は割引をさせていただきます。是非この機会をご活用ください。