Knee

膝痛でお悩み

当院は以下のお悩みをお持ちの方のためだけの整体院です

  • 膝に何度注射を打っても痛みが良くならない
  • 椅子から立ち上がるたびに膝の痛みが走る
  • 整形外科の治療に疑問を抱いている
  • 階段を下りるのが苦痛でしょうがない
  • 近い将来人工関節の手術が必要になるかもしれないと不安でたまらない

このような悩みを抱えているのはあなただけではありません

整形外科や他の整体であなたの膝の痛みが改善しない理由

あなたがこのホームページを目にしているということは、膝に痛みに苦しんで様々な医療機関にかかった経験をお持ちなのではないでしょうか。なぜ、あなたの膝の痛みはなかなか良くならないのでしょうか?このままだと手術をしなければけないのかと不安にかられることもありますよね。
・変形しているから?
・加齢で軟骨がすり減っているから?
・運動不足で筋力が落ちたから?
いいえ、違います。改善しないのには必ず原因があります。その原因は決して『あなた』ではありません。原因は世の中に広がっている間違った膝痛治療のせいなのです。
膝の痛みの本当の原因を知れば、あなたの悩みもきっと解決するはずです!

膝の痛みの本当の原因はコレです!

膝の痛みの本当の原因①

膝の関節は太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(下腿骨)そして膝のお皿の骨(膝蓋骨)の3つの骨で成り立っています。
「膝関節の噛み合わせ不良」がおきてしまうと曲げ伸ばしで引っ掛かるようになり、痛みを伴います。膝周辺の筋肉も引っ張られたり捻じれたりするので体重をうまく支えることが出来なくなります。
この状態のまま膝に注射を打ったり、足の筋力トレーニングをしたり、痛みを我慢して歩いたりしても痛みは一向に改善しません。
症状の原因

膝の痛みの本当の原因②

そもそもなぜ膝関節がずれて噛み合わせが悪くなってしまうのか?
その発端は「足部の硬さ」にあります!
足のアーチを活用した理想的な歩き方をしていれば、足は硬くなりことはありませんが、1日の歩く距離が短かったり、歩き方が悪かったりすると、足部はあっという間に硬くなります。
硬くなった足はクッション性がなくなるので、地面からの衝撃はすねの骨まで響き、すねの骨を硬くします。本来すねの骨はしなりがあるので、ここでも衝撃を吸収しているのですが、硬くなった骨では衝撃を吸収できません。そうなると衝撃は膝関節にも響いてしまい、半月板をずらしてしまいます。
こうして膝関節の噛み合わせ不良が生まれてしまうのです。

どうやって膝の痛みを治すのか?

当院では膝の関節にどのような力がかかり、どういった機能障害が起きているのかを視診や触診で調べ、上下の股関節、足関節はもちろんのこと脊柱や頭蓋との関連性なども踏まえたうえで施術を行います。簡単にいうと膝関節の「噛み合わせ」を良くするだけでなく、その噛み合わせを狂わせてしまう力も解除するので、停滞していた膝の機能を比較的短期間で賦活させることができるのです。
わたしはその中でも半月板の調整と骨内に残っている余計な応力を取り除く施術を得意としており、これは即座に効果を実感できます。

膝の施術にかける私の想い

このホームページを真剣に読んでいただいているあなたはきっとだれにも分かってもらえないような辛い膝の痛みに悩んでいるのだと思います。
医学が発展してきている現在でも残念ながら、膝の痛みで悩んでいるで多くの方が「病院での処方薬」「ヒアルロン酸などの注射』「その場しのぎのマッサージや電気治療」など根本的な治療とは言えないような間違った施術を受けてしまっているのが現状です。
本来はきちんとした「症状が改善する施術」を受けるべきなのに、「良くならない、効果のない、間違った施術」をいつまでも受けている患者さんが多いのに驚かされます。
インターネットで検索すればすぐに膨大な情報が得られる社会ですが、実際に正しい情報や専門的な知識を一般の患者さんが理解することはとても難しいことです。
私が伝えたい想いはただひとつ『膝の痛みは正しい評価と治療をすれば必ず改善する』ということです。