Waist

腰痛でお悩み

驚きのビフォーアフター

  • 腰痛の痛みが即日改善!

    腰痛の痛みが即日改善!

  • 歩けない腰痛にも対応!

    歩けない腰痛にも対応!

  • 五十肩の激痛も改善!

    五十肩の激痛も改善!

どこに行ってもよくならない…
狭窄症のあなたへ

病院や他の治療院では解決しなかった脊柱管狭窄症の痛み、痺れをお持ちの方が
「オステオパシー」という治療に解決策を求めて来院されます。

・脊柱管狭窄症で手術では良くならなかった方
・あるいは手術で一時的には良くなったけれど数年後に再発された方
・腰の手術をしてもう一方も勧められているが手術はしたくないという方
・足の痺れや痛みがあり長時間歩けずに困っている方

整形外科、病院、有名な整骨院などに通院しても改善しない方が大勢通院されています

症状の原因

あなたの症状の本当の原因は?

脊柱管狭窄症を疑え! 脊柱管狭窄症…その名称どおり「脊柱管が狭窄することで起こる症状」のことです。でもこれってホント?しばらく立っていたり歩いたりすると脚が痺れてくる、 重苦しくなってくる。でもしばらく休むとまた症状は軽くなる。それが脊柱管狭窄症の主な特徴。
そういった症状を抱えた人が病院に行ってMRIを撮ってみると、腰部脊柱管に狭窄があったり、無かったり。この事実は意外と見落とされがち。同じ症状でも狭窄がある人、ない人がいる。(これは椎間板ヘルニアもそう!)

皆さんが勘違いしていること、それは
【誤】原因:脊柱管の狭窄→結果:脚の痺れや重苦しさ という縦の関係だと思っていること
【正】原因:人により様々、複数が混在→結果:その1:脊柱管の狭窄。その2:脚の痺れや重苦しさ。その3…という横の関係であることがほとんど。
つまり脊柱管の狭窄もあなたがお困りの症状も同列の結果だということ。原因はまた別にあるんです。
じゃあ、本当の原因は何か?ほとんどの場合、あなたの脚の痺れ、重苦しさは脚の変形、歪みが発端になっています!
そして深部の血管や神経に捻じれや牽引、圧迫の力が常に加わることで症状に繋がっているんですね。その影響は恐らく腰に留まらず、背中、肩、もしかしたら頭まで及んでいるかもしれません。
その変形や歪みはあなたが長年かけてコツコツ作り上げたものです。要因は偏った立ち方、歩き方にあります。

レントゲン写真を見る医者

腰痛、下肢の痺れ・痛みをどうやって治すの?

あなたの体はいま、力を上手く逃がせない状態になっています。日中あなたの身体には色々な力が加わっています。寝ていても常に重力は受けるし、立って動けば地面からの反力も受けます。
捻れの力もしょっちゅう受けますよね。こういった力は体にとっては負担になるので、だいたい体の末端、つまり頭のてっぺんや手足の指から抜けるようになっているのですが、あなたのスネの骨や足の甲、指、硬くなっていませんか?

それだと体から余計な力を逃がせません。つまり体に余計な力が毎日溜まり続けているということ!だから体がどんどん硬くなっていくんです。
じゃあ、どうすればいいのか? まず力の出口となる足の指から順番に柔らかくしていくのがいいでしょう。最近流行っている足指体操、実は理にかなっていると言えます。ただし、すでに腰や脚に症状が出ている方の足はかなり硬くなっているので、残念ながらセルフケア効果は低いです。
治療院での施術で根本的な硬さを取った後であれば、セルフケアも効くようになります。当院でも患者さんにやり方を伝えて、実践してもらっています。

患部の画像

施術を受けると、どのように回復していくのか?

前述しましたとおり、わたしは足の指からしっかり緩めていきます。甲の骨は足根骨、中足骨と言いますが、これらで形成される関節ひとつひとつ、さらに骨自体の硬さもとっていきます。さらに脚全体の捻じれを丁寧に取り除いていきます。
骨は硬い方がいいと思っている方が多いですが、それは間違い。骨はしなやかでなければいけません。ほとんどの場合、初回の施術だけでもだいぶ緩むので、施術終了時には症状も軽くなっています。

この時、だいたい皆さん「2、3回ぐらいで治りそう・・」と思います。そうであればうれしいですが、残念ながらそうはなりません。長年の歪みと脳の記憶はそんなに甘くはないんです。
長年かけて出来上がった歪みを短期間で調整すると何が起こるか・・・ もしも、あなたの脳はそのままで肉体だけ一気に20歳若返ったとしたらどうなると思いますか?多分身体は軽く感じるでしょうが、同時に馴染まない感じを受けるでしょう。そう、バランスが急激に変わるので、脳がついてこないのです。だから脳はとりあえずどうするかというと、これまでと同じ歪みを作って対応しようとするんです。
しかもあなたは無意識にそれを手伝っています。そう、あなたの日常生活のクセがそれです。立ち方、歩き方、座り方すべてです。それはある特定の部位に負担がかかる形、つまり今あなたが悩んでいる症状を引き起こす形なんです。
わたしはあなたの体を歪みのない正常に近い形にしますが、あなたはそれを維持する努力をしなければなりません。最終的に本当の原因になっているのは誤った歪みを作ってしまうあなたの日常のクセです。わたしの役目は、あなたがそのクセから脱却できるように、前準備とサポートを行うことですが、早く治すためにはあなた自身の努力も必要です。
ただしそれはそんなに難しいことではありません。 それは坐り方、立ち方、歩き方を変えるという単純な作業です。それをある一定期間やり続けられたら、あなたの症状はちゃんと消えてくれることでしょう。